ねこぜ・ねこじた・ねこごてん with 泉北ホーム

泉北ホームで猫と共に暮らす家を建てるブログ~高気密・高断熱・準防火地域~

ショールーム巡り:TOTO浴室編~きれい除菌水に助けを求む。~

どうも、トイレが近すぎるせしたです。ご飯を食べるたび、水分を口にするたびにトイレに行きたくなってしまいます。食べたり、飲んだりしたものが、何処も経由することなく体内を通過し、そのまま出ていっているのかというくらいのイメージです。トイレへ行くたびに「また?」と嫁に言われ、さらには「食べてる意味あるの?」と言われる始末。一体、わたしの体は栄養や水分を吸収する気はあるのでしょうか。




さて、そんなせしたと切っても切れない大切なパートナーであるトイレに技術革新をもたらし続けてくれているTOTOショールームに訪れているわけですが、本日は浴室の話です。泉北ホームプレミアムパッケージでは、TOTOの浴室は「SAZANA」というモデルになります。



https://jp.toto.com/products/bath/sazana/



f:id:seshita:20200709185352p:plain


f:id:seshita:20200709185443p:plain


f:id:seshita:20200709185523p:plain


f:id:seshita:20200709190549p:plain


f:id:seshita:20200709190636p:plain



TOTOの浴室の代名詞となっている「ほっカラリ床」です。実際にショールームで体感してみましたが、踏み心地はとても気持ち良かったです。以前は「乾きにくい」「汚れがたまりやすい」というような口コミも見られましたが、改善されたのかな?という印象でした。




f:id:seshita:20200709185809p:plain


f:id:seshita:20200709185904p:plain


f:id:seshita:20200709185952p:plain


f:id:seshita:20200709190818p:plain


f:id:seshita:20200709190935p:plain




浴槽はお掃除楽々人大浴槽(アクリルウレタン系人工大理石浴槽)となっております。どこの会社も掃除のしやすさに力を入れているようです。浴槽の形状はゆるリラ浴槽、クレイドル浴槽、スクエア浴槽の3つから選ぶことができます。個人的には体を預けることができるゆるリラ浴槽が快適でした。(ホビット族の末裔であるせしたの感想が皆さんの参考になるか分かりません…)




f:id:seshita:20200709191235p:plain


f:id:seshita:20200709191316p:plain


f:id:seshita:20200709191423p:plain



どこの会社もそうですが、最近の水回りの進化は目覚ましいですね。TOTOのお掃除楽々排水口も、とっても快適そうでした。



f:id:seshita:20200709190122p:plain


f:id:seshita:20200709190200p:plain



魔法びん浴槽により、お風呂のお湯も冷めにくくなっているそうです。(ちなみに、泉北ホームプレミアムパッケージでは、TOTOの中でも3つのプランがあるのですが、その一つは「断熱材パック」といって、浴室全体を断熱材で覆うものとなります。)




f:id:seshita:20200709204913p:plain


f:id:seshita:20200709204925p:plain




カウンターも人工大理石で出来ており、壁と浴槽から離れたデザインになっているので掃除がしやすくなっております。また、水洗もスッキリしたデザインになっており、見た目も清掃性も好印象です。



f:id:seshita:20200709211056p:plain


(3つのプランの内のもう一つは、人大カウンター一体型水洗のサイズがさらに長くなります。小物を置くのに便利そうです。)



しかし、せしたの本命は、3つのうち、最後のプランです。



f:id:seshita:20200709204949p:plain


f:id:seshita:20200709205001p:plain


f:id:seshita:20200709205011p:plain



なんと、トイレでも紹介した「きれい除菌水」による床ワイパー洗浄プランが選べるんです!きれい除菌水をトイレだけでなく、浴室にも採用できるなんて!!トイレ掃除担当 兼 浴室掃除担当であるせしたにとって、魅力的すぎるプランでした。




f:id:seshita:20200709214221p:plain




さらに言うと、御猫様のトイレの掃除もせしたの担当です。御猫様のトイレにもきれい除菌水を採用できないかな、、、!!

ショールーム巡り:TOTOトイレ編~絶対不可侵領域~

どうも、トイレが大好き過ぎるせしたです。コミュニケーションに難があるタイプのせしたにとって、トイレは誰にも干渉されない安住の地なのです。トイレに居ているときは、さながらATフィールド内にいるかのような安心感に包まれ、心穏やかに過ごすことができます。


さて、ショールーム巡り第三段はTOTOです。

jp.toto.com


泉北ホームプレミアムパッケージでは、TOTOの標準はネオレスト(ハイブリッドシリーズAH1)となっています。(二カ所目はウォシュレット一体型便器ZJ。)TOTOといえば、ビッグベンとリトルベンを思い出さずにはいられません。



f:id:seshita:20200707195743p:plain



せしたの性格は斜めを向いてしまっているので、人気を博している子役を素直に受け止められないのですが、このリトルベンの切ない表情には胸を打たれてしまいます。



f:id:seshita:20200707200216p:plain


f:id:seshita:20200707200234p:plain


f:id:seshita:20200707200258p:plain


f:id:seshita:20200707200343p:plain


f:id:seshita:20200707200358p:plain


きれい除菌水は水に含まれる塩化物イオンを電気分解して作られる除菌成分(次亜塩素酸)を含んだ水です。これにより、トイレはビッグベン、リトルベンにとって快適な空間ではなくなってしまいます。




f:id:seshita:20200707200419p:plain


f:id:seshita:20200707200442p:plain


f:id:seshita:20200707200500p:plain


セフィオンテクトにより、陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルでなめらかに仕上げているそうです。汚れが付きにくく落ちやすいTOTO独自の技術で、純度の高いガラス層を約1200℃の窯でじっくり焼き付けたことで、美しさが持続するそうです。これにより、ビッグベン、リトルベンは住み着きにくくなってしまいます。




f:id:seshita:20200707200537p:plain


f:id:seshita:20200707200550p:plain



f:id:seshita:20200707201535p:plain


トルネード洗浄により、ビッグベン、リトルベンは排水口へと追いやられてしまいます。




f:id:seshita:20200707200606p:plain


f:id:seshita:20200707200628p:plain


f:id:seshita:20200707200642p:plain



f:id:seshita:20200707201548p:plain


フチなし形状により、ビッグベン、リトルベンは隠れる場所を失ってしまいます。




f:id:seshita:20200707200706p:plain





お掃除リフトにより、身を忍ばせているビッグベン、リトルベンもしっかりと逮捕されてしまいます。



f:id:seshita:20200707200725p:plain


f:id:seshita:20200707200738p:plain



これだけしているにもかかわらず、節水にも特化しており、お財布にも優しいです。





f:id:seshita:20200707200808p:plain




トイレがせしたがにとって快適になればなるほど、ビッグベンとリトルベンの居場所がなくなることに胸を「ギュッ」と締め付けられる思いになってしまうのでした。




f:id:seshita:20200707203520p:plain



せしたのベッドはきなことあんこに占領されており、いつも隅っこに追いやられています。ビッグベンとリトルベンの気持ちが否が応でも分かってしまうのです。。。

ショールーム巡り:TOCLASキッチン編~帰ってきたTOCLAS~

どうも、「帰ってきたウルトラマン」しかり、「帰ってきたドラえもん」しかり、「帰ってきた」というドラマ性に魅力を感じて止まないせしたです。「帰ってきた」ということは、その前に別れがあるということです。結局、存在の大切さなんてものは失って初めて気づくもんなんです。そんな分かり切っていることを、人はその都度思い出さないと忘れてしまう生き物なんです。



さて、ショールーム巡り第一段はPanasonic・KMEWでした。第二段はTOCLASです。


f:id:seshita:20200705095759p:plain

https://www.toclas.co.jp/kitchen/


f:id:seshita:20200629004432p:plain




TOCLASといえば、人造大理石カウンターの先駆者です。人造大理石の質は他社よりも高いと評判です。それだけでなく、キッチン全体として見ても、満足度が高いという声を多く耳にしていたので、せしたはとても気になっていました。しかし、TOCLASは残念ながら、泉北ホームの標準から外れてしまい、選ぶことができなくなってしまいました。


泉北ホームプレミアムパッケージでは、キッチンをPanasonicLIXIL、タカラスタンダード、ハンセムから選ぶことができます。(TOTOも以前は選べたのですが標準から外れてしまいました。)この中から選ぶのであればPanasonicかなー、と心が傾いていたのですが、せしたが泉北ホームと契約する頃合いに、TOCLASは進化して帰ってきました。




f:id:seshita:20200705072528p:plain



日本で初めて、人造大理石カウンターのシステムキッチンを発売したトクラス。当時は高額だった品を、クオリティをさらに高めながらも、多くの人の手が届くようにするために、長年にわたり努力を重ねてきたそうです。そんなトクラスから、「従来品の延長ではない、革新的なモノをつくる」という開発スタッフの考えのもと、「TENOR」は生まれたそうです。


キッチンカウンターは設備のなかでも最もハードユースに耐えなければならないものです。この「TENOR」の開発は、厳しい独自基準で設定された耐久性や耐汚染性などの検査・試験を繰り返しながら開発されたそうです。さらに、人造大理石は塗装との組み合わせで質感が違ってくることからドットを何層にも積み重ね、独特な立体感や柄を生みだしています。長い歴史のなかで培われてきた、モノづくりの哲学と職人の技術から生まれた「TENOR」は、ざらつきのある独特な触感、味わい深い色彩、光や角度により変化する表情、さらに高い性能を備えた、機能美にあふれたカウンターとなっています。



他社のキッチンにはない魅力をひっさげて帰ってきたトクラス。そんなトクラスの凱旋パレードに馳せ参じようと勇んでショールームに行ったわけでは、実はありません。というのも、せしたは猫と一緒に暮らしており、キッチンスペースに猫が入れないようにしたかったので、オープンなカウンターキッチンは選択肢から外れていました。TENORカウンターは、オープンなカウンターキッチン以外では、残念ながら選ぶことができませんでした。


しかし、TENORカウンターを抜きにしても、トクラスは十分魅力的なキッチンだったので、ショールームへの訪問を決めました。トクラスのショールームは、Panasonicと同じく梅田グランフロント内にありました。



f:id:seshita:20200705072817p:plain



f:id:seshita:20200705072831p:plain



トクラスの案内の方から説明を聞いても、やはり人造大理石の質にはかなり自信を持っているようでした。実際に見たり、触ったりしてみたところ、質感はとても高い印象を受けました。(言われたことをそのまま受け取る、せしたは素直な良い子なのです)



f:id:seshita:20200705072904p:plain



f:id:seshita:20200705072918p:plain


自信に満ちあふれた人造大理石を、惜しげもなく上部にまで立ち上げて、ハイバックカウンターとしていました。掃除もとてもしやすそうですし、リビング側から手元を隠すのにも良さそうだなと感じました。(シンクを常にキレイに保てる自信がありません。隠せるものは何でも隠したい!)



f:id:seshita:20200705072935p:plain


f:id:seshita:20200705072950p:plain


f:id:seshita:20200705073001p:plain



また、ハイバックカウンターを生かして、様々なハンガーアイテムをつけることができます。ハイバックカウンター単体でも十分魅力的なのに、さらに魅力を重ねてきます。通販番組であれば、電話の受話器を手に取ること止む無しです。




f:id:seshita:20200705073021p:plain


Panasonicの「ほっとクリーンフード」と比較すると、お手入れのしやすさは「ほっとクリーンフード」に分があるかもしれませんが、トクラスの「サイクロンフード」は集煙性に力を入れているようでした。集煙性を高めたことにより、お手入れもしやすくなっており、サイクロンフードもかなり好印象でした。



f:id:seshita:20200705073038p:plain



今住んでいる賃貸のせした家では、トレビーノを使用しています。トレビーノ君も優秀なのですが、浄水器内蔵型水洗のスッキリ感にはかないません。



f:id:seshita:20200705073100p:plain



さらに、浄水器内蔵型水洗のグースネック型もありました。水洗へのこだわりなんて全くなかったのに、こんなの見てしまったら、採用したくなるに決まってるやん!(お財布とのにらめっこです)



トクラスのキッチンの魅力を伝えてきましたが、せしたがトクラスに心を惹かれている一番の理由は、別にあります。



f:id:seshita:20200705071429p:plain
ミーレ



f:id:seshita:20200705071308p:plain
https://www.miele.co.jp/



ドイツ製家電メーカーである、ミーレの食洗機を入れることができるんです!!



新居を建てるにあたり、せした嫁が強く希望していたミーレの食洗機。しかし、泉北ホームの営業さんとの打ち合わせで、「システムキッチンにはミーレを入れることができないんです。」と説明され、半ば諦めていました。(オーダーキッチンであるハンセムは可能。)しかし、せしたが契約に手間取っている間にトクラスが帰ってきてくれました。ありがとうトクラス!ありがとう泉北ホーム!!




f:id:seshita:20200705095229p:plain


(猫との暮らしを考え、キッチンや間取りなどかなり悩みました。そんなことも知らずにのん気に転がるきなこさん。でも可愛いから許す!可愛いは正義です。)

ショールーム巡り:KMEW外壁編~光の国の戦士たち~

どうも、光の国の戦士である「ウルトラマン」を見て大きくなったせしたです。「ぼくも大人になったらウルトラマンに負けないぐらい大きくなるぞ!」と息巻いておりましたが、残念ながらそれほど大きくならないまませしたの成長は終息を迎えてしまいました。というか、最近の若い人たちって身長高すぎません?年々、自分の身長の低さがより際だっていっているように思えて仕方ありません。こうなったら一発逆転の「巨大化」に期待するしかないので、誰かウルトラマンと交通事故に合う方法をご教授ください。



さて、Panasonicショールームを訪れていたせしたは、その流れでKMEWの外壁を案内してもらいました。KMEW(ケイミュー)とは、クボタと松下電工(現:パナソニック)の住宅外装建材部門が統合して設立した会社で、クボタグループとパナソニックグループの双方に属しております。梅田グランフロントにあるPanasonicショールームにKMEWのショールームも併設されています。



https://www.kmew.co.jp/



外壁にも色々な種類がありますが、現在の外壁の主流は窯業(ようぎょう)系サイディングです。以前はモルタル(砂とセメントと水を練ってつくられる外装材)仕上げが主流でしたが、1990年代以降はサイディングが主流になりました。(外壁材によってメリット・デメリットがあります。)泉北ホームプレミアムパッケージでは、外壁をKMEWとニチハから選ぶことができます。KMEWの売りは何と言っても光セラです。


f:id:seshita:20200630173540p:plain


f:id:seshita:20200630173602p:plain


f:id:seshita:20200630173615p:plain



光の力で汚れを落とすなんてすごすぎません?お風呂に入るのに二の足を踏んでしまうせしたにも、是非ともそんな機能が欲しいです。光セラの力には恐れ入りますが、しかし、家の外観の大切な要素は外壁材だけではありません。窯業(ようぎょう)系サイディングの場合、シーリングの存在も忘れてはなりません。






f:id:seshita:20200630173631p:plain


f:id:seshita:20200630173642p:plain


f:id:seshita:20200630173659p:plain



サイディングとサイディングの間にはシーリングが入ります。外壁材がどれだけ進化しても、このシーリングが汚れたり、劣化してしまうと、やはり、メンテナンスが必要になります。



f:id:seshita:20200630173803p:plain


f:id:seshita:20200630173815p:plain


f:id:seshita:20200630173829p:plain


KMEWでは、光セラ・スーパーKMEWシールをセットで採用することで、15年保証が付きます。15年保証といっても、補償対象は元請け業者だったり、経過年数によって減額されてしまったりしますが、「15年保証」と謳い文句から、商品の性能への自信を垣間見ることはできるのではないかと思います。



f:id:seshita:20200630173844p:plain


また、泉北ホームプレミアムパッケージでは、18mmの商品であったり、16mmのセラトピアと呼ばれる商品を標準で選ぶことができます。「標準で18mmを選べるなんて!」「セラトピアの質感はとっても優れていますよ!」「これが標準で選べるなんて、泉北ホームはすごいですね!なんて言うお言葉を、KMEW(Panasonic)の案内の方から頂きました。「そんなこと言って、来た人みんなに言ってるんでしょ?!」なんて、斜に構えつつ、それでもピノキオばりに鼻高々になるのを止められないせしたなのでした。



f:id:seshita:20200630181250p:plain



きなことあんこは、お互いにペロペロとし合うことで、キレイを保っています。ついでにせしたもペロペロされるのですが、せしたはキレイになるどころか何だかよだれくさくなってしまいます。きなことあんこは、よだれくさくなんてならないのに、一体なぜ、、、、!!!

ショールーム巡り:Panasonic浴室・洗面編~泡は世界を救う~

どうも、お風呂がめんどくさくてたまらないせしたです。なんて言うと、かなりの不潔のように感じるかもしれませんが、いや、ちゃんとお風呂に入ってます。そして、入ったら気持ちいいですし、スッキリするのは分かってるんです。分かってるんですが、、、「○時になったら入ろう」「○○が終わったら入ろう」と、いつまでたっても重い腰があがりません。そして、時間が経てば経つほどめんどくささは増していくばかり。洗濯機や食洗機みたいに、自動で体を洗ってくれたらいいのに!なんて、ドラえもんの道具みたいなことばかり夢見ていました。





f:id:seshita:20200628114424p:plain



ありました。夢みたいな道具が。




f:id:seshita:20200628114440p:plain


https://i-feel-science.com/


サイエンスという会社のマイクロバブルバブルトルネードという商品です。(バラエティー番組ロンドンハーツにて、美容番長シルク姉さんの家に淳がお邪魔したときにも紹介されていたそうです。)



ヤマト住建での建築を考えていた際に、営業さんからとても勧められました。(機械を後付けすることも可能だそうですが、新築の際に付けた方がスッキリするそうです。)マイクロバブルの水に、手をつけるだけでどれだけ汚れが落ちるのか体験させてもらったのですが、とても肌がツルツルになり驚きました!また、先ほどまで手をつけていた水が汚れているのが目に見えて分かりました。。。(恥ずかしい!)




f:id:seshita:20200628114456p:plain



f:id:seshita:20200628114511p:plain



お風呂につかるだけで体がキレイになるなんて!さらにポカポカが長続き!!ぜひ採用したい!!!と強く思っていました。



そんなせしたでしたが、ヤマト住建とはお別れし、巡り巡って泉北ホームと契約しました。泉北ホームプレミアムパッケージでは、お風呂はTOTOLIXILPanasonicの中から選ぶことができます。




f:id:seshita:20200628114539p:plain


なんと、せしたが渇望していたマイクロバブルに近いものがPanasonicにあるじゃあないですか!


https://sumai.panasonic.jp/bathroom/oflora/



Panasonicの浴室はオフローラというモデルになります。先ほど紹介した酸素美泡湯をなんと標準で選ぶことができます。(酸素美泡湯ではなく、浴室のサイズアップを選ぶこともできます。)


Panasonicショールームで酸素美泡湯を体験させていただきました。「んー、サイエンスのマイクロバブルの方がツルツルになったような、、、?」とも思いましたが、ヤマト住建を検討していたのははるか昔の話。思い出は美化されるものですし、せしたのお肌が老いてしまったのかもしれません。(悲しすぎる現実です。)なので、Panasonicを選ぶ際の魅力の一つであることに変わりはないなと思いました。



f:id:seshita:20200628114555p:plain



f:id:seshita:20200628114608p:plain


また、Panasonicでは、スゴピカ素材(有機ガラス系)をアピールされていました。汚れがつきにくく、掃除がしやすそうで、キッチンに引き続きズボラ心を刺激されました。(キッチンでも、オプションでスゴピカ素材を採用できるそうです。)






次は洗面です。Panasonicの洗面はCLineというモデルになります。

https://sumai.panasonic.jp/dressing/c-line/



f:id:seshita:20200628114629p:plain


断捨離の苦手なせしたを甘やかしてくれる、収納が豊富なプランや、



f:id:seshita:20200628114639p:plain


朝の忙しいときに、いつも嫁との人権闘争に敗れてしまうせしたを、大きく受け止めてくれるワイドカウンターのプランを選ぶことができます。




Panasonicは、尻に敷かれがちな世の男性人の救世主なのかもしれません。




f:id:seshita:20200628123902p:plain



(せしたは、きなこさんとあんこさんにも文字通り尻に敷かれています。)

ショールーム巡り:Panasonicキッチン編~ズボラ心鷲掴み~

どうも、目的無く家電量販店を徘徊するのが大好きなせしたです。買う予定がないものでも、全く興味のない分野の製品であっても、新商品のビジュアルや新機能の紹介などを見ていると心踊ります。せした家の家訓は「文明の利器にはとことん甘える」ですので、お世話になりまくりの家電様たちが家の至る所に鎮座されております。家づくりの話の延長として、いずれ触れる機会があればご紹介したいと思います。



さて、ショールームを巡る決意を固めたものの、肝心の予約がなかなかとれずやきもきしていたのですが、少しずつ予約がとることができたので、ショールーム巡りの旅がやっとこさ幕を開けました。



ショールーム巡りの一発目を飾るの「Panasonic」です。Panasonicの説明はもはや必要ありませんね。我が家にもPanasonicの家電がたくさんあります。Panasonicショールーム訪問を決めるに当たって、一番見たかったのはキッチンです。泉北ホームプレミアムパッケージの標準はラクシーナというモデルになります。



sumai.panasonic.jp





f:id:seshita:20200626062545p:plain


ファンの掃除を自動でやってくれて、10年間掃除不要なんて、すごすぎません?技術の進歩により、もはや人間の出番はなくなってきているようです。この調子で機械が進化し続けたら、最終的に人間はいらなくなってしまうかもしれません。(あれ、誰がキッチン使うんやろ?)


「10年に一度なんて言っても、ちょこちょこお手入れせなあかんねんやろ?」と思われた方も多いんじゃあないでしょうか。ご安心ください。


f:id:seshita:20200626232611p:plain


年に一度のお手入れで大丈夫です。さらに、その年に一度のお手入れも、簡単に取り外し、食洗機に入れるだけ。泉北ホームプレミアムパッケージ標準搭載、Panasonic製深型ビルトイン食洗機がお出迎えしてくれます。この用意周到すぎるセット売りは、ジャパネットたかたを彷彿とさせます。なんだか、あの甲高い声が聞こえてきませんか?



f:id:seshita:20200626062556p:plain



泉北ホームプレミアムパッケージでは、上記の「ほっとクリーンフード」か、「トリプルワイドIH」のどちらかを標準で採用することができます。「10年間掃除不要」の魅力に憑りつかれていたせしたは、ほっとクリーンフード一択のつもりだったのですが、いや、実物を見ると、トリプルワイドIHもええやないか!何がいいって、横並びトリプルもそうなんですけど、それ以上にIHの手前のスペースの広さです。「調理しやすそう!」と、調理をそれほどしないのにいっちょ前にテンションを上げ、オプションで両立を図ろうという気になっている自分がいます。



f:id:seshita:20200626062628p:plain


さすが、家電をトータルコーディネートしているPanasonicならではの発想です。どう考えても便利すぎます。使い勝手をよくして、他の家電も合わせて買ってもらおうという魂胆が見え見えですが、罠と分かっていても飛び込むしかありません。だって家電大好きなんですもん!




f:id:seshita:20200626062644p:plain


泉北ホームプレミアムパッケージで選ぶことができるキッチンの中で、確かLIXILは自動水洗が標準でついていたかと思います。「ま、手首でクイッと上に上げる技術は自分の中で確立されているし、そこは人力でもいいかな?」と自動水洗を重要視していませんでしたが、いざPanasonicでもオプションで選べるとなると悩んでしまいます。地獄の沙汰も金次第とは良く言ったものです。




f:id:seshita:20200626062658p:plain


f:id:seshita:20200626175026p:plain


人造大理石が継ぎ目なく仕上げられているので、スキマがありません。見た目もキレイですし、掃除がとってもしやすそうでした。(ほっとクリンフードにもろ惹かれているところを書いたあとに「掃除しやすそう!」なんて書いても説得力はありませんが、、、ま、せしたがどれくらい掃除するかはおいといて、「掃除しやすい」というのが大切なことに変わりありません。)



f:id:seshita:20200626175139p:plain


f:id:seshita:20200626175157p:plain


f:id:seshita:20200626175209p:plain


こういうところの使い勝手の良さも、家電メーカーらしいなぁと感心しました。



f:id:seshita:20200626062716p:plain



ショールームに行って、予想外に心を掴まれたのが面材や取っ手のデザインです。機能的なところはせしたが色々と案内してくれた方に質問していたのですが、デザイン的な部分ではせした嫁がPanasonicの方とめちゃくちゃ盛り上がっていました。せしたは驚くほどセンスがないので、デザインは嫁に任せようと思います。




f:id:seshita:20200628063947p:plain


ダイニング側の収納が、ドアのついているクローズタイプを選べるのも好感度アップです。(写真はクローズとオープンの組み合わせ。全面クローズタイプも選べます。)オープンとかいりません!オシャレに魅せるなんてできません!出来る限り隠したい
!ホコリもたまりませんし!




Panasonicのキッチン「ラクシーナ」は、家電メーカーらしい隙のない仕上がりで、その名の通り、ズボラなせしたの心の柔らかいところをツンツンしてくるのでした。




f:id:seshita:20200626180222p:plain


水のお皿がある段ではなく、その下の段から体を伸ばして水を飲んでいます。せしたに似てズボラなあんこさんです。

ショールーム巡りの旅へ

どうも、選択肢が増えれば増えるほど困ってしまうせしたです。飲食店でメニューが豊富すぎる類いの店では、いつまでたっても選ぶことができません。勇気を出して選んでも、ピンポン(従業員呼び出しベル)を押して店員さんが来るまでの間に心が移ろい、気がつけば違うメニューを口にしている自分がいます。(そして、「やっぱりあっちにすれば良かった……」と後悔するまでがセットとなっております。)




さて、ついに土地・泉北ホーム・住宅ローンの契約を果たし、三種の神器が揃ったせしたは、家づくりの覇道をいざ歩まん!という良く分からないテンションに陥っていたのですが(工務店探し、土地探しで六年間お預けをくらっていたので多めに見てあげてください)、そんなせしたをよそに家づくりは進む気配を見せませんでした。



というのも、泉北ホームと契約するタイミングで事前に着工枠を押さえるのですが、泉北ホームの業績はどうやら好調のようで、せしたが押さえられる着工枠は8ヶ月先でした。また、せしたはZEHに申し込もうと考えていたので、それに合わせてさらに着工がずれ込み、10ヶ月先となりました。



10ヶ月……「三種の神器」やら「家づくりの覇道」やら深夜のテンションでも許されないような行き過ぎた言葉を口にしてしまっているテンションも、さすがに10ヶ月はもちません。なので、少しでも家づくりへのテンションを保てるよう、また、設計打ち合わせが始まったときに少しでもスムーズに進めることができるよう、事前にショールームへの見学に行くことにしました。



泉北ホームのプレミアムパッケージで契約したせしたは、キッチンやお風呂、洗面やトイレ、床や建具、窓や玄関ドアなどを複数のメーカーから選ぶことができます。メーカーを選ぶだけでも大変なのに、メーカーを選んでも、そこからさらに細かい仕様を決めなくてはいけません。優柔不断なせしたにとって、この選択肢の豊富さはかなり困ったものでした。



少しでも決める足しになればと、ショールームへ行こうと思ったのですが、肝心の予約がなかなかとれませんでした。(予約は泉北ホームを通してお願いしました。その方が、泉北ホームの標準・オプションの案内がスムーズだそうです。)




家づくりでも「お預け」をくらい、さらにショールームからも「待て」をされてしまい、忠犬ハチ公ですら痺れを切らしてしまいそうな状況に追い込まれてしまうせしたなのでした。



f:id:seshita:20200622201748p:plain


(ご飯の時間を、首を長~く、ではなく、腕を長~~~~~~く伸ばして待つあんこさん。野生では生きていけないほどたるみきっています。)